So-net無料ブログ作成

蒸し鍋の季節、キターッ! [高松名物 四角家蒸し鍋]

鍋とタニシ.jpg

湯気の吹き上がる鍋を前に満面の笑みをたたえる、ドン・タニシ。
鍋が蒸し上がるのをワクワクして待つ、ちょっぴりシアワセなひとときである。

この日、第2回「四角家蒸し鍋」試食会は突然始まった。

ドン・タニシ  「マクイ君、今日は蒸し鍋のご予約がはいっとるけど、準備はオッケーかな?」
キマコ     「はい、オッケーです」
ドン・タニシ  「蒸し時間とか、野菜の具合とか、ええと鍋の調子とか…大丈夫?」
キマコ     「はい、前に試食したときに確認してあるので大丈夫だと思います」
ドン・タニシ  「そうか。ま、本番で粗相があってはいかん。
          念には念を入れて今日の昼は蒸し鍋の試食をしよう」
キマコ     「わーい」

食べたいだけちゃーうんか。

ドン・タニシ  「メダカ、なんかゆうたか」
僕       「いや、別に…」

かくして、この笑顔である。

「四角家蒸し鍋」は去年の暮れから
この店に新メニューとして加わった。
キャベツにカボチャ、大根、アスパラなど日によって内容は変わるが、約10種類の野菜と焼豚、
そして5番目のオリジナル餃子となる、セロリと海老の蒸し餃子を特製のスープで蒸し上げる。
待つこと15分。アツアツに蒸されて、でもしっかり食感の残った野菜たちを胡麻ダレで召し上がれ。
野菜と餃子をたいらげた後には蒸しうどんもいただける。
体はあったまるし、野菜がいっぱい食べられて、しかもヘルシー。

鍋蒸し前切り抜き.jpg
これは蒸し前。
お値段は1鍋3000円で2人前相当。もちろん3人でつついてもオッケーです。
最近、特に冷えるので好評です。

ちなみに前日までの完全予約制なので、必ず予約してください。
販促部長からのオ・ネ・ガ・イ。

試食後のドン・タニシ。
「う~ん。うまい、うまい。これはうまいぞ」
オーナーが一番のファンみたいだね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

3setbanner140.gif
プレモルバナー.jpg
本場さぬきうどんは合田照一商店
四角い餃子を注文する

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。