So-net無料ブログ作成

甘~い、トウモロコシ。 [マツウラさんの有機野菜]

ドン・タニシ  「いかんがー」
確かタンザニアの選手でしたっけ?
ドン・タニシ  「あほ。誰がマラソン選手の話しよんや。
          久しぶりに『まるふじ』のやきそば食べようと思って行ったら閉まっとんじゃがー」
しばらく前にブログでも書いた、昭和の殿堂・食堂まるふじが閉まっている。
しかも、シャッター半開きで手書きの張り紙があった。
「事故のため、しばらくお店をお休みします」と。こう言ってはなんだが、結構な年齢のおばちゃん
二人で切り盛りしていた。心配だ。というのがひと月くらい前の話。
今日のぞきに行くと完全にシャッターが下りていた。看板も張り紙もない。
お店は閉めてしまったのだろうか。おばちゃんはお元気だろうか。非常に心配である。

トウモロコシ カバー付.jpg
とある木曜日の夕方。例によってレフティ・マツウラから連絡が入った。
「起きてる?」 
ドン・タニシ  「起きとるわー。ほんまにもう今から店開けるというのに失礼なのー…(ブツブツ)
翌日、umieへ集合する。今日のお宝は今朝収穫したてのトウモロコシだ。
ドン・タニシ  「へえ~。トウモロコシっちゃこんな皮と毛がついとん?」
どうやら剥いたものしか見たことがないらしい。レフティ・マツウラが皮を剥いてくれた。
レフティ・マツウラ 「食べてみて」
ドン・タニシ  「えっ!! 生で食べられるん?」
レフティ・マツウラ 「そうよ。生食用のトウモロコシだから」
早速、キマコさんと半分ずっこして食べてみる。甘い。皮が薄くみずみずしい。
野菜というより果物のようだ。「カクテル」という品種らしい。
最近、品種改良が進んでいて、この品種のほかにも、
生で食べられる甘いトウモロコシが流行のようだ。
トウモロコシゆでた。.jpg
店に帰ってゆでてみた。黄色がより鮮やかになった。ゆでると甘さが粒全体に均一になる感じ。
再び生をかじってみる。プリリッ。 やっぱり、このトウモロコシはこの食感が魅力だ。
かじったときに水分がはじける感じがたまらない。
とりあえず、今度の蒸し鍋に入れてみよう。

umieで黄昏るドン・タニシ.jpg
umieで意味なく黄昏るドン・タニシ。

おおお! ボス、何してるんですか? 
ドン・タニシ 「何って、黄昏とんやないか」
キマコ    「umieの窓から入る自然光がいい感じだったんで撮ってみた。
         でも、これ撮ったおかげでカメラの充電切れてクロックムッシュが撮れんかった」
あ~あ。僕、クロックムッシュの写真見たかったのに。
ドン・タニシ 「えーでないか。クロメガネムッシュで」
あ!! シロメガネがクロメガネに変わっとる! いつの間に!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

3setbanner140.gif
プレモルバナー.jpg
本場さぬきうどんは合田照一商店
四角い餃子を注文する

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。