So-net無料ブログ作成

南京譚 第4章 赤萬 [南京譚]

なんの前置きもなく、南京譚、再び始まる。
ことの起こりはこうである。

ドン・タニシ  「メダカ、メダカ。起きとるか」
僕       「………」
ドン・タニシ  「メダカー」とひしゃくで僕の池をかき回す。
僕       「さ、さぶっ! 何するんですか?」
ドン・タニシ  「南京町に行くぞ。すぐ用意してくれ」
僕       「あのー今、冬眠中なんですけど…」
ドン・タニシ  「四角家に冬眠はないぞ。南京町は四角家の原点なんや。
          時々行って南京町の空気吸うて初心にかえらなあかん。
          それに今回はたかちゃんと重要な打ち合わせがあるけんの」
僕       「また瓶に入れられる…ブツブツ。いつも唐突やなーボスはー」
ドン・タニシ  「というわけやから、キマコ君。君はメダカの世話とカメラを頼む。
          まあずっと忙しかったし、たまには四角家の慰安旅行のつもりで行こうで」
キマコ     「いや~ン」
ドン・タニシ  「嫌ならええけど」
キマコ     「いや、嫌じゃないです。お供します!てゆか連れてってください。」

その日の午後、元町駅前で久々の再会を果たす。
せっかくなので、神戸餃子の代表格「赤萬」へ行くことに。
「赤萬」といえば、「瓢箪」と並んで神戸餃子の代表格だ。土日ともなれば店の前に行列ができる。
元町駅から看板が見えるくらいのところにある。

「赤萬」
赤萬餃子ビールと.jpg赤萬外観たて.jpg
●ビールはキリン、グラスはアサヒとはこれいかに。
赤萬で餃子食べるタニシ君アップ.jpg赤萬餃子アップ.jpg
●餃子は7個280円

店内はカウンターと小さなテーブルが3つ。メニューは餃子とビールのみというシンプルさ。
味はともかく、餃子は一人2人前からの注文とか追加はダメとかやたら荒っぽい接客の噂を
耳にするが、この日は平日ですいていたのもあってか、そうでもない。
店内の張り紙を見ると、「土日祝は一人2人前からの注文」と書いてある。
お店の身になって考えてみるとわからないでもない。
土日祝は遠くからわざわざここの餃子を食べに来る人で行列だ。
店の外にずらっとお客様を待たせているのに1人前の餃子をちびちび食べて
少ない座席を占領されたら、並んで待っているお客様に申し訳ない。
食べる側にもマナーがある。

さて、肝心の餃子は、薄皮だけれど皮がもちっとしている。
中は小さく刻んだ野菜。意外とやさしい味でいくらでも食べられる。
ふわっとして野菜の甘みがあるが、ジューシーではない。野菜がほろっとしている。
神戸といえば、味噌ダレ。白味噌ベースのタレは酢醤油とラー油を合わせて食べる。
これがなかなかうまい。讃岐の人間にとって白味噌と言えば甘いイメージだが
この味噌は辛味があり餃子とよく合うのだ。
不図思ったが、神戸の餃子は焼くときの油が少ない気がする。
四角家はそうでもないけど、四国の餃子は高知屋台餃子を筆頭に油ギトギトで揚げ気味だ。

「赤萬」で軽く小腹を満たしたあと、元町の商店街に入りカフェタイム。
この日はあいにくの雨。しかも寒い。
うろうろするより屋根のあるあったかい所でまったりするのが得策だ。

重要な案件を話し合った後、依然としてやまない雨の中、夜の南京町へ繰り出す。
雨の南京町.jpg南京町タニシとたかちゃん.jpg南京町店先.jpg
雨の南京町もなかなか風情がある。平日とはいえ、やっぱりここは人が多い。
今回は特に目当ての店を予定していなかったのでぷらぷら歩く。
餃子屋をしようと決心して、ドン・タニシが最初に来たのが南京町。
四角家をオープンさせた後も、たかちゃんとの打ち合わせのたびに訪れた南京町。
ここに来ると、自分たちがやってきたことが間違いないことを確信する。
明日からまたがんばろうという思いを新たにできるのだ。

雨のなか、歩いていると黄色いポスターが目に入った。
春節祭ポスター.jpg
おお! 「春節祭」ではないか。いわゆる旧暦の正月を祝う中国式のお祭りらしい。
毎年この時期に派手に行われている。春節祭のことは
今年は2月13日~21日までとな! せっかく2月に来るなら、祭りにあわせてくればよかった。
いやー残念。
ドン・タニシ 「まあ、南京町はこれで終わりでないけんの。
         混雑せんとゆっくり来れてよかったやないか。来年の旧正月は南京町で祝おうで」
すっぱいブドウである。
かくして、一行は南京町を後にするのであった。 明日は重大発表!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

3setbanner140.gif
プレモルバナー.jpg
本場さぬきうどんは合田照一商店
四角い餃子を注文する

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。