So-net無料ブログ作成

四角家の夏休み。 第1話 [たかちゃんの店]

鯛光堂 塚口店オープン!

タニシ     「メダカ君、キマコ君。暑い中、元気でよく頑張ってくれた。
          次の日曜日は四角家の夏休みじゃ!」
ボク&キマコ 「わーい! やったー、夏休みだ!」
タニシ     「みんなで尼崎のたかちゃんの店にたいやきを食いに行くぞ」
ボク      「あれ? たかちゃんの店『鯛光堂』は十三じゃなかったっけ?」
タニシ     「実は尼崎の塚口に『鯛光堂』の2号店ができたんよ。
          となったらいかなあかんやろ」
キマコ     「わーい。焼きたて、焼きたて」
タニシ     「そういうわけやから、メダカ、カメラ忘れんように」
ボク      「結局、仕事か・・・」

かくして、一行はドン・タニシのカブトムシ号で尼崎への旅に向かったのだった。

鯛光堂のたいやきイメージ.jpgハーフ&ハーフ.jpg
●たいやきは、あずき・カスタード・ハーフ&ハーフの3種あり、いずれも一匹150円。 ●あずきとカスタードのハーフ&ハーフ。

尼崎西ランプを降り、県道142号線を伊丹方面に北上していると、右側に見えてきた。
赤いテントがよく目立つ、『鯛光堂 塚口店』だ。
この店は、3か月前の『南京譚』でも登場したコータロー氏が、たかちゃんの経営する会社
「桃源郷」に入社後、初めて一から手掛けた記念すべき店なのである。鯛光堂コータロー.jpg
4月に入社してまもない彼が
物件探しから店舗看板やちらしにいたるまですべて担当し、
7月19日にこの2号店をオープンさせた。
既に地元では口コミで噂が広がっている。
道路を挟んで西に園田学園女子大・短大、東に園田学園中・高等学校が
あり、女子学生もたくさん買いに来る。
園田学園と言えば、テニスの伊達君子さんの母校としても有名だよね。
塚口は彼の実家の近くでもあり、
商圏を把握するのは彼にとってそう難しくはなかったようだ。
そのあたりの経営センス、スピード感、やっぱり頼もしい青年だ。

ここでたいやきを焼くのはたいやき職人のリョウさん。
修行も入れると3年くらい焼いている。
黒ぶちの眼鏡がイカスイケメンだ。実はリョウさん、中華の料理人でもある。
残念ながら、今回は恥ずかしがりなリョウさんの写真はなしね。
鉄板の熱さが直に伝わってきて、クーラーなどあってもここではあまりきかない。
裏の戸を開けると風が通るが、それでは鉄板の温度が下がってしまう。
一回一回温度をチェックしながら、ていねいにしかも手際よく焼いていく。
職人の仕事だ。

ボクらが店にいたのは1時間ほどだったが、この暑さの中、結構お客さんが来るのだ。
電話での予約注文も受ける。
「母がここのがおいしいからと言うんで、お友達の分も買いに来た」という奥様。
夏休みの高校生。近所のおばあちゃん。何も宣伝していないけれど、食べた人から口コミで広がる。

そんなたいやきは、1年前に行った『鯛光堂 十三本店』の頃から、さらに進化していた。
国産小麦・牛乳・緑茶(カテキン)を加えた独自ブレンドのパリパリした生地に、さらに高野豆腐
の粉を入れるという驚きの配合になっていた。
世の中、健康ブームとは言え、たいやきの皮に高野豆腐を使うとは聞いたことがない。
ところが食べてみると、なんと以前よりさらにパリパリ感が増していた。
しかも豆腐独特の風味がする。
豆乳スイーツというのがあるくらいだから、こういう生地があっても不思議ではないかな。
この生地に包まれたあんこがまたうまい。北海道産100%のあずきをあずき職人が仕上げている。
しっぽの先まできれいにあんが入っているのがまたうれしいじゃないの。
今回から登場した「ハーフ&ハーフ」もおすすめ。カスタードとあんこ両方入ったたいやきだ。
十三本店でももちろん好評販売中。

鯛光堂塚口店正面.jpg 
黄金たいやき 鯛光堂 塚口店
住所●尼崎市南塚口町1-26-7
電話番号●06-6421-0839
営業時間●12:00~20:00
       (生地が売切れたら終了)
  定休日●木曜
※冷凍で全国発送もできます。
  詳しくは問い合わせてみて。


最初で最後のHULA CAFE (フラカフェ)。

タニシ   「たかちゃん、ちょっと一軒つきあってくれる?」
ドン・タニシ、カフェをしていた5年くらい前からずーっと行きたいと思っていたカフェがあった。
西宮まで車を走らせる。夙川駅からちょっと山手に行ったところにある「フラカフェ」。
その名の通りハワイアンカフェで、パンケーキが人気の店だ。
ドン・タニシ、自分の店でパンケーキを出していたこともあり、
グルメ本に大きく出ていた写真を見て以来、ずーっとチャンスをうかがっていた。
この辺りもう少し上へ行くと苦楽園、隣は芦屋と高級住宅ゾーンとあって、なんだか雰囲気が違う。
だって散歩してる犬からして違うんだもの。
ラッキーにも4台しかない駐車場にうまいこととめられ、いざ、フラカフェへ。
まずはパンケーキとフラカフェ丼、ドリンクを注文。
でかっ!パンケーキでかっ!顔くらいあるパンケーキが5枚。
ふわふわして柔らかい。きれいに焼いてるなあ。ちょっと塩の味がする。
本来のパンケーキはデザートとしてだけでなく食事用にもするからこんな感じか。
ドン・タニシがたかちゃんをここに連れてきたのは一緒にお茶したかったからではない。
それもある。しかし昨年からたいやき屋を始めたたかちゃんにいろんな生地を知ってもらったら
何か参考になることがあるのではと思ったのだ。
パンケーキが来てから思ったのだが、クリームをトッピングしておけばよかった。
プレーンなのを頼んじゃったのね。ま、いっか。でも食べてから思った。
さらにクリームがついてるとおなかいっぱいで食べきれなかったかも。すごいボリュームだよ。

フラカフェパンケーキたて.jpg
◀パンケーキ5枚 イチゴソース&バター添え 735円
フラカフェ丼.jpgフラカフェでドンタニシ.jpg
▲フラカフェ丼 945円  ●念願のフラカフェを満喫するドン・タニシ
フラカフェのマンゴーフラペチーノ.jpgフラカフェのアイスカプチーノ.jpgフラカフェ外観たて.jpg
●マンゴースムージー 840円      ●アイスカプチーノ 630円

この店、15年にもなるらしい。ここへ来て知ったのだが、なんとこの9月8日に閉店するのだそうだ。
なんと絶妙なタイミングで来れたことか。
にわかハワイかぶれが思いつきで作った安っぽいハワイアンカフェが多い中、
さすが15年やってきた店は違う。決して広くはないけれど、しっかりと作られた店内。
きちんとしたコンセプトのもとに作られたメニュー。
憧れのハワイアンカフェを満喫した一行は、次なる目的地、大阪へと向かった。
次回、大阪のたかちゃんの店へ。

フラカフェ外観よこ.jpg   
HULA CAFE (フラカフェ)
   住所●西宮市松生町6-15 ハイネス夙川101
電話番号●0798-74-0402
営業時間●12:00~23:00
  定休日●第3月曜
※2010年9月8日をもって閉店。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

3setbanner140.gif
プレモルバナー.jpg
本場さぬきうどんは合田照一商店
四角い餃子を注文する

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。