So-net無料ブログ作成

元祖おみやげ餃子、大阪北新地 「点天」 [餃子お取り寄せ日記。]

点天包みと生.jpg点天袋.jpg
高松の天満屋の「京都・大阪展」で、ひとくち餃子で有名な「点天」が販売されているというので、
ドン・タニシ、早速調達に行く。
「点天」の餃子はもちろん食べたことがあったのだが、高松で買えるのならこの機に
買ってみようということに。たまにはよそさまの餃子も食べてみたくなるのだ。

「点天」と言えば、それまで庶民の食べ物というイメージであった餃子を
お土産という位置づけにお見事に格上げしてくれた立役者である。
お寿司を入れるような木箱に、本当にひとくちで食べられるかわいらしい餃子。
ブルーに白文字で「点天」と書かれたシンプルで上品な包装。
垢ぬけない餃子君をすっかり伊達男にしてくれた名監督なのである。

不図、紙袋を見ると「餃子おみやげ専門店」とある。
このキャッチコピーははじめてお目にかかる。包装紙には従来通り「大阪北新地」の文字。
なんと残念なことに昨年8月に創業の北新地店が閉店したらしい。
現存するイートイン店は東京のFプラザ麻布十番店のみというのだ。
今となっては、いつぞやたかちゃんと探しに探して北新地店に食べに行ったことが懐か懐かしい。
完全におみやげ餃子専門になったようだ。特徴を出して何かに徹することはとても大事
だけど、イートイン店が大阪に1店もなくなってしまったというのは、寂しい。
点天焼くぜ、ベイベー。.jpg
何はともあれ、焼くぞ。とドン・タニシ。
オンラインショップとは1ケースの個数が違うみたい。
ネットだと45個入りが2100円なんだけど、天満屋で買ってきたのは30個入り1390円。
「四角家餃子本舗」の餃子もひとくちなので決して
大きくはないが、「点天」はほんとに小さくて
かわいらしい。
これなら子供の口でもひとくちでいける。
ちなみに体重を計ってみると9グラム。
そりゃ小さいわ。
「四角家」の「珍包(ちんぱお)」君は17グラム。
しかも「珍包」より皮が厚いので
バランス的に皮とあんが8:2
(あくまでも食べたイメージ)という感じ。
ドン・タニシ、当然、餃子を焼くのはお手のもの。
よそさまの餃子でも説明書を読んだ上で、店の鉄板と火力を加味して
職人の感でその餃子のベスト状態に焼きあげていく。
さすが、鉄板王子。
タニシ  「あののー、何にでも王子ってつけるんはどうかと思うわ」
はい、できあがり。
点天生.jpg点天焼き.jpg
点天ランチ.jpgひとくちでポイッと食べてみる。
皮がガリッとして、スパイシーなあんが口のなかに広がる。
上等なスナック菓子のよう。
これはごはんのおかずではないな。
酒のつまみにもってこい。
ポイッと口に入ってとまらない。
上品な和皿にお行儀よく10個くらい並べて出せば、
なんて粋なおつまみだろう。残念ながら
昼からビールを飲むわけにもいかず、
「四角家」ではごはんに豆腐とワカメの味噌汁を
すすりつつ「点天」をつまんだのだった。
さらに、ほうれん草のサラダとこんにゃくの煮物。
今日も健康的?なまかないであった。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

3setbanner140.gif
プレモルバナー.jpg
本場さぬきうどんは合田照一商店
四角い餃子を注文する

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。