So-net無料ブログ作成

フツーがいいね、東京餃子。 [餃子お取り寄せ日記。]

店のブログをずっと見返してたドン・タニシがぽつんと言った。
ドン・タニシ  「餃子お取り寄せ日記も有名どころは一通り書いたかのー。
         けど、関東圏、特に東京の餃子屋がないのー、メダカ君」
ボク      「そうなんですよ。東京の有名な餃子屋さんて、店でのイートインを
         大事にしてて、通販してないタイプが多いんですよね」
ドン・タニシ  「なるほどの。でもそこは東京。どっかあるやろ」
ボク      「あ、ここなんかどうですか? 餃子の老舗とかいうのではないんですけど
         三軒茶屋あたりに行列のできるイートイン店があって、雑誌とかテレビでも
         ちょいちょい紹介されてる『東京餃子楼』」
ドン・タニシ  「お。それじゃ。注文しといてくれ」

東京餃子楼の餃子.jpg東京餃子楼パッケージ.jpg

「東京餃子楼」、店舗は世田谷通りの本店と茶沢通り店の2店舗のみ。
メニューは餃子とサイドメニューが少しあるだけの餃子専門店である。
以前、美食の王子様・来栖けいが雑誌「めしとも」の連載で紹介していた。

届いたのはごく普通の段ボール箱にいわゆるタッパに入った餃子。
あくまでもイートイン主体のためか、この辺のこだわりはないみたい。
注文したのは、東京餃子(ニラ・にんにくあり)18個入り850円と
東京餃子(ニラ・にんにくなし)18個入り850円、夏季限定のしそギョーザ18個入り950円。

餃子を焼きながらポーズをとるタニシ.jpg
●餃子を焼きながら
ポーズをキメるドン・タニシ



餃子焼く.jpg








焼けた見た目から言うと、極フツーのラーメン屋さんとかで出てきそうな餃子。
関東系の餃子にしては小ぶりで皮も薄い。
まずは、ニラ・にんにくなしから。ひとくち噛みつくと、スープがほどよくじゅじゅっと出てくる。
キャベツと白菜の甘みも感じ、肉とのバランスも良い。
すごく整った味でやさしい。女性はこれ好きだろう。
しそギョーザは、これにしそが加わった感じ。結構しその風味がしっかり伝わってくる。
最後に、ニラ・にんにくあり。やっぱりニラとにんにくの役割は大事だ。
味にしまりが出てくる。
ドン・タニシ、店では匂わない餃子を提供しながらもにんにく入り餃子の旨さを再確認。
だけど「東京餃子楼」の餃子で一つだけ選択するなら、ニラ・にんにくなしと断言。
なぜなら、とにかくここの餃子はバランスが良すぎてにんにくが入るとますますフツーに
なってしまうからと。
整ってるんだけど、職人気質な餃子屋にあるこだわりや個性がない。
ある意味、サラッとしているところが都会的で東京ぽいとも言えるのか。

餃子とサラダ.jpg餃子とサラダにんにくあり.jpg笑店ラーメンでお昼.jpg
●最近、暑いので、まかないはよく冷やしたレタスのサラダにはまっている。
右端はらぁめん工房笑店のラーメン。ちょっと麺をゆがきすぎたけど、それでもこのもちもち麺、やっぱりうまい。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

3setbanner140.gif
プレモルバナー.jpg
本場さぬきうどんは合田照一商店
四角い餃子を注文する

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。