So-net無料ブログ作成

蚊取り線香みたいな餃子。 [餃子お取り寄せ日記。]

ゴトーさん、お待たせしました!
1ヵ月ぶりの更新です。すみません。

会うたびにブログの更新ができとらんと、お叱りを受けるんだけど、
結構楽しみに読んでくれとるやん。頑張って回数増やしまーす。

ゴトーさんは、ドン・タニシの昔の仕事つながりの社長さん。
日曜日はバスでサンポートまででかけ、たっぷり散歩して帰りにぽかぽか温泉で汗を流す、
というのがゴトーさんの定番の過ごし方。一時は日曜のたびにサンポート帰りのゴトーさんに
商店街で会ってたのに、最近見かけんなーと思ってたら、この間の土曜日に久しぶり会った。
ビジネスの時もそうだけど、オフのこの日もボーダーのTシャツに短パンでトートバッグという
トラッド。昔からスタイルは変わらない。結構お洒落なオッサンである。
いやいやお洒落な社長さんである。
日曜日もお仕事で大変ですね。忙しいということは何よりです。

そろそろ本題に入らねば。どっちが本題やらわかりませんが(笑)。
5月に入って、特にブログネタがないなあと思っていた矢先、
キマコさんが親知らずの親玉みたいなのを病院で切開して抜いたらまあ腫れるわ腫れるわ。
2日目には右の頬がこぶとりじいさんみたいになって、ちょっとおもしろいので
写真を取って載せようかとも思ったのですが、本人から断固却下され(当然か)、
しかも食事ができないのでグルメレポートもできず、今日に至ったわけです。

ずいぶん長い前置きでしたが、キマコさんも無事食べられるようになったし、
餃子をお取り寄せしてみました。

長い餃子.jpgピザのように.jpg
●日本一長~い餃子 999円。全長160㎝、直径は約16㎝。

メディアでもよく紹介されている、群馬県の「餃子工房RON」というところの餃子です。
ここは、餃子やシュウマイなど中華総菜に特化した食品会社がやっているお店。
ここは「一口餃子」がロングセラー商品のようなので、「一口餃子」とあとから開発された
「日本一長~い餃子」を注文してみた。
長~い餃子はホース状の皮の中に、ソーセージのように餡が詰められていて、
その全長は160㎝。それを蚊取り線香のようにくるりと巻いてあるのだ。
これを冷凍のままフライパンで両面焼いたのが上の写真だ。
ピザのようにカットして食べてもいいし、くるくる巻かれたのを剥がしながら食べるもよし。
ちなみにホームページには、上にとろけるチーズとピーマンやサラミをのせてピザ風に、
ソースとかつおぶしをのせてお好み焼風に、ローソクを立ててケーキ風に!? 
とアレンジレシピが載せてあった。すご過ぎる。

一口餃子生.jpg一口餃子焼き.jpg

一方、「一口餃子」の方は子供でも一口で入るくらいのサイズだけど、
結構厚い皮に餡がたっぷり。

どっちも、ご飯のおかずというよりは、パーティのおつまみ向きでしょうか。
ビールというよりは、コーラなんか一番ぴったりきそうです。
テーブルにこの渦巻き餃子と一口餃子があれば盛りあがりますよ。

タニシからのメッセージ.jpg一口餃子焼き横長.jpg箱.jpg

世の中にはすごい餃子があるもんです。
「四角家」も負けられません。開発者に脱帽です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

3setbanner140.gif
プレモルバナー.jpg
本場さぬきうどんは合田照一商店
四角い餃子を注文する

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。